野球の部屋

サイン盗み

  • 野球よもやま話
  • 著者:若林憲一
  • 日付:

最近、セカンドランナーから打者に球種を教える「サイン盗み」が話題になっていますね。サイン盗みは、ルールで禁止はされていませんし罰則もありません。なんで良くないのでしょうか?セカンドランナーがコースを教えることは昔からありましたが球種となるとサインを解読しなければなりませんので少し難しくなりますよね。バックスクリーンの付近から、一般人を装ってサインを盗み、手を上げたり応援用メガフォンを振ったりして打者に教えるケースもありました。ヤクルトでは、サインを盗まれないように投手と捕手は、乱数表を用いて相手チームの解読を阻んだことがありましたが、サイン確認の時間が長く、結果試合時間も長くなったため使われなくなりました。サイン盗みは、センター方向からではなく、ベンチやコーチャーBOXからもできます。捕手のサインが見えることがありまので、捕手は、コーチャーやベンチから見えないようにうまく隠して出しています。サイン盗みは、打者に伝達して成立したことになります。人によっては、教えてくれないほうが打ちやすいという場合もあります。投球がその通りにくるかどうかわかりませんので、コースや球種が違うとかえって打ちづらいからです。しかし投手の癖を見抜く技術を持った選手が自分の打席で、腕の振りやグラブの傾きなどの癖によって球種を読むことがあります。この場合は、盗んだのではなく打者の技術の高さですね。盗塁の時も投手の癖を見抜く技術の高い選手がいます。盗塁の世界記録を持っている福本豊選手は、ビデオで何回も見て投手がホームに投げる時とけん制する時の違いを見つけたそうです。また、攻撃側のコーチが出すサインを見破るのがうまい選手もいました。当然、守備側はそれに対する守備体系をとるわけです。私が現役のころに、1~3回までは、Aサインとか奇数回はAサインで偶数回はBサインとかありましたね。サインも3種類くらいあって、今日は、Aで行くとか今日はCで行くとかです。サインもフラッシュサインやブロックサインがありキーの次に触ったところとか、キーから何番目とか、また複雑に組み合わせたサインがありました。笑い話ですが、自分のチームのサインがわからないという選手もいました。サイン盗みは、アンフェアであるという意見や野球の技術が向上しないということからやらないほうが良いと思います。膨大なデータを駆使して投手や相手チームの傾向を読んで対応するのと、球種のサイン盗みは、まったく異なることですね。サイン盗みをやっているならやめましょうね。選手宣誓では、「正々堂々と戦うことを誓います」って言っていますよね。

Page Topへ