野球の部屋

セットアップ(かまえる)

  • 技術の部屋
  • 著者:担当:BCM公認コーチ鈴木
  • 日付:

バットを使って立ち位置を決める

セットアップ(かまえる)
全体のかたち
①バットの先がちょうど頭の真上にくるように構えると、バットが出やすく、速く振れるようになります。
②スタンスは、せまくなりすぎると腰が不安定になって力強く振れない。広すぎると腰の回転が悪くて振りにくくなります。
③スタンスには、スクエアスタンス(両足がバッターボックスのラインと平行)、オープンスタンス(踏み出し足が開く)、クローズスタンス(踏み出し足がホームベース寄り)などがありますが初めはスクエアに構えましょう。
④極端にホームベースから離れたり近づきすぎたりしないようにする。構えたところからアウトサイドにバットが届くところに構える。インサイドが苦手な場合は、バットを短く持つなり工夫してみましょう。
⑤バッターボックスに入るときは、軸足(キャッチャー寄りの足)の位置を決めてから踏み出し足(ピッチャー寄りの足)の位置を決めましょう。
⑥足の位置が決ったら、バットを持ったグリップをキャッチャーよりの肩の前にもってくるようにバットを構えます。
⑦ヒザやヒジに遊びをもたせてリラックスして立ちましょう。
⑧バッターボックスでは、ピッチャーの投球モーションに遅れないように早めに構えておきましょう。

バッターボックス
バッターボックスでは、足がはみ出さなければどこに立っても良いのです。バッターが一番打ちやすいと思う位置に立てばいいわけです。しかし始めは、どこにどうやって立っていいかわからないこともあるでしょう。そんなときは、スクエアスタンスで立ってみることです。立ち方の基本だから、最初にしっかり身に付けておきましょう。
①スタンス幅 スタンスは軽くジャンプして着地したときの広さ(肩幅より少し広いくらい)が基本。広すぎると振りにくく、狭すぎるとスイングが安定しない。繰り返し練習して、自分にしっくりくるスタンスを探しましょう。
②バッターボックスの立ち位置 
キャッチャーよりかピッチャーよりか?
軸足をホームベースの斜めの角のあたりのラインと直角になるように置く。続けて、自分にあったスタンスの幅で踏み出し足を入れる。この位置が基本なのでよく覚えておきましょう。基本の位置を覚えたら、軸足からしっかり決めてセットアップしましょう。

ベースに近く構えるか離れて構えるか?
ベースからの距離を決めるときはバットを使います。引き手(右打者は左手)1本でにぎり少し前かがみになってバットの先端が外角の一番遠いストライクまで届くくらいのところが目安です。バットを外角まで水平に伸ばし、外角ぎりぎりのストライクゾーンでも打てる位置を覚えます。

上半身
①グリップは高く構えたほうが力強いスイングができますが、高く構えすぎると肩や腕に力が入るので肩の高さがくらいが良いでしょう。グリップの位置はトップの構えに近いほど簡単です。
②両腕をゆったりと構えるようにする。きゅうくつな構えや脇が空きすぎないように注意しよう。また、ピッチャーのモーションやボールを投げる手元が見やすいように、アゴを引いて構えましょう。

下半身
①体重をかける位置は、軸足の親指の付け根(拇指球)に体重をのせ、足で地面をつかむような感覚で立ちましょう。
②ヒザを柔らかく軽く曲げましょう。
曲げる角度は、バットを軸足のつま先の上にまっすぐに立てて、ヒザがバットに当たるくらいが目安。
③バッティングは下半身から始動させ体全体を上手に使い下から上へひねりながら力を伝えて振ります。手打ち(上体と下半身のバランスが悪い打ち方)では、決して強い打球が打てません。パワーをボールに伝えるためには、軸足にしっかりと重心を残し、打つ時に踏み出し足に移動しボールに全パワーを乗せることが必要です。

バットを使って感覚をつかむ

ヒザにゆとりを持つ

Page Topへ