野球の部屋

インパクト(たたく)

  • 技術の部屋
  • 著者:専任コーチ鈴木
  • 日付:

インパクト(たたく)
ボールとバットがぶつかる瞬間がインパクトです。バッティングで最も重要なステップですべてのスイングステップはこのためにやっているともいえます。
インパクトのポイントを覚える
インパクトのポイントは、個人差がありますが、ボールを呼び込みしっかり打てるところを探してください。一般的には、真中はステップした足の前、インサイドは真中より前のポイントでアウトサイドは真中よりやや後ろにポイントになります。
強いインパクトを実現するために下記を参考にしてください。
①腰は「回す」ではなく「ぶつける」
アプローチからインパクトにかけて、右打者の場合、右腰を左腰にぶつけるイメージで回すと、インパクトに必要な鋭くて強い回転ができます。
②ひじと手首の使い方を覚える
インパクトは、スイングによるバットの力と向かってくるボールの力がぶつかり合う瞬間です。バットにボールが当たる瞬間の両手の形は引手の平が地面を向き、押しての平は上を向く形ができるといいでしょう。この状態であればしっかりバットが握れているので、インパクトでの大きな衝撃にも負けることなく、ボールを打ち返すことができます。
③レベルスイングを覚えましょう
ダウンスイング、レベルスイング、アッパースイングは知っていると思いますが、基本的にはレベルスイングを習得しましょう。それぞれに特徴がありますがビギナー選手の場合は、まずレベルスイングを意識しましょう。 
④ボールとバットの芯をぶつける
正しいスイングを行い、よいインパクトポイントを見つけたら、次のステップは「ボールの捕らえ方」です。ボールの芯を正確にバットの芯でとらえなければ、スピードとパワーをボールにそのまま伝えることは不可能です。ボールのとらえ方のコツは、まずボールをよく見ること、そしてティー、トス、フリーバッティングなどで一球ごとに確認しながら感覚を覚えていきましょう。ここで注意するのは、「キレ」のあるスイングを心掛けてください。

Page Topへ