野球の部屋

投球動作と目線

  • 技術の部屋
  • 著者:竹内広明
  • 日付:

今日は、投手のコントロールについてお話しします。打者に向かい投球しているときに、ボールが上ずって高めに行くことがあります。一生懸命に低めにコントロールしようとしても思うように投げられないことがあります。そんなときの特効薬として覚えていてほしいのが「帽子を深くかぶる」です。高目にボールが浮く原因の一つに肘が下がっていることが考えられます。試合中などでは、肘の高さを修正する余裕はないですよね。そこで帽子を深くかぶってみましょう。帽子を深くかぶるというのは、「帽子のひさし」を普段より深くということです。例えば、帽子をかぶらないで(またはひさしが上を向いている)捕手を見ると、バックネット後方のお客さんが目に入りますね。逆に帽子のひさしを深くかぶりミットを見るとバッターのヘルメットも見えないくらいになります。こうすることで、自分の目標(低め)に目線が行き、集中力が増します。一度ためしてください。帽子を深くかぶることによってアゴが引かれ肘が上がりやすいフォームに修正されます。
普段からこのようなフォームが身につくようにしましょう。

Page Topへ