野球の部屋

帽子のひさしを深くかぶる(野手の場合)

  • 技術の部屋
  • 著者:若林憲一
  • 日付:

以前、投手のコントロールについて帽子のひさしを深くかぶるという話をしました。野手にも同じように帽子のひさしを深くかぶり守備をするときがあります。例えば、野手が打者を見る際に、バックネットのお客さんが目に入ります。お客さんは、いろいろな服装をしていますし色もまちまちです。その時に打球が上がると見失うことがあります。また、フライなのかライナーなのかの見極めもしなくてはなりません。通常、外野手の場合は、打球音であったりスイングの鋭さであったり、投手の球威などで判断するのですが、大勢のお客さんが入ると音は聞こえなくなります。その際に、帽子のひさしをやや深くかぶり、ひさしより上の部分の視野を狭くすることで打球判断がやりやすくなることがあります。練習でやってみてはいかがですか?


Page Topへ