野球の部屋

投手にも守備の上手な人とそうでない人がいますが、どのような練習をすると上達しますか?

  • 技術の部屋
  • 著者:若林憲一
  • 日付:

投手の中でも野手並みに守備が上手な選手がいますね。投手は、投球後には9人目の野手にならなければいけません。投手強襲やバント処理などアウトにすることでチームも自分も楽になります。守備が上手な投手のなかには、天性の感が良い選手が多くいます。一方投げることは良いのだけれど守備はそれほどという投手も多いのが現実です。上手な選手の特徴は、フットワークが良い、スナップスローができるという点とランナーの走力や打球に応じた処理が素早くできる感(センス)だと思います。センスは、相手の選手の特徴を研究することと普段の試合のなかから経験を積むことで補うことができます。フットワークは、試合を想定した守備練習で、スナップスローは、キャッチボールや内野守備練習などから身につけることができます。

Page Topへ