野球の部屋

二塁走者のリード

  • 技術の部屋
  • 著者:若林憲一
  • 日付:

今回は、二塁走者のリードです。
二塁走者は、一般的に二塁ベースと三塁ベースの線上より少し後ろにリードすることが多いですよね。これは、ホームを狙ったときの三塁ベースターンでスピードが落ちないように初めから少しふくらみをもってリードしているからです。ベースランニングの理想は、直線に走り直角に曲がることです。しかしこスピードを落とさずに直角に曲がるということは難しいので多少ふくらみをもたせます。高度なテクニックと脚力をもった選手はふくらみを小さくすることができます。また、バントや内野ゴロでいち早く三塁に到達したい場合などは線上にリードします。しかし、リードする位置で戦法(バント、強打)が相手にわかることから、できればふくらみを小さくしてベースターンができる技術を持つことが必要です。

Page Topへ