ニュース

パーソナルレッスン 実施例紹介(2018年4月)

  • お知らせ
  • 著者:鈴木
  • 日付:

ティードリル

2018年4月に実施されたパーソナルレッスン(個人指導)の1例を紹介いたします。

受講者:中学1年生(学校野球部所属)
受講希望内容:バッティング

(レッスン申し込み時の受講者からのメール)
バッティングについての「自主練習 」と「実践」のギャップにぶち当たってるようです。正直、ばっちり打てない根本的理由すら分からない状況です。外のバッティング練習センターだと普通に打てるのですが、同じ年齢同士の試合となると、相手の投げるタイミングや速さが、独特のゆっくりさやのんびりさがあり、振るタイミングが本当に難しい。

【パーソナルレッスンで実施した練習】
◆基本スウィングの矯正
 ①重心の位置を安定させ、下半身主導のスウィングに
 ②アッパー気味のスウィングをレベルスウィングに修正し、こすっていた打球の入射角を強く正確にたたけるよう反復練習
 ③踏み込みが不十分のためパワーポジションを正確にとる練習
◆タイミング練習
 ①始動(テークバックの初め)のタイミングの習得
 ②球際の対応(ボールを呼び込んでアプローチすることをつかむ練習・軸と視線の使い方の練習)
など

(レッスン後のメール)
昨日、学校で練習試合があり、全打席ヒット。中でも一本は特大ホームランを打てたそうで、大喜びして帰ってまいりました。コーチのご指導通りにタイミングを意識したら、バッチリ当たるとのこと。家に帰ってからも、何度も何度も復習してました。

*パーソナルレッスンは、(なげる)(とる)(うつ)の基礎技術習得のためのレッスンを行っています。個人的な課題に特化して指導を受けることもできます。お申し込みの際は、個人指導の受付中時間帯を確認してからお願いいたします。

Page Topへ